ログハウスを建てるなら絶対に国産材ログハウスです。

ログハウスと日本の木

国産ログハウスとは、日本の木を使用した日本製のログハウスを指します。国産材には、杉やヒノキを使用しています。杉やヒノキは寒さに強く、木目を生かした家づくりができます。木そのものに抗菌作用をもつ物質が含まれているので防腐剤加工などを最小限に抑えることができます。香りも良いので癒しの効果も有るといわれています。

杉やヒノキといえば、日本では最高級の木です。価格も高いのではないかと懸念される方も多いようですが、多くは間伐された木を使用していますので、安価であることがほとんどです。間伐された木を国産ログハウスのために使うことが環境にも貢献していることにつながります。またこのところの国産ログハウスの主流は、マシンカットで効率よくカッティングされたログ材を使用して建築されたものです。海外で人気を得ている丸太木を1本ずつ組みあげたものよりは安価で建設ができるので、とてもお得感があります。

日本で育った木をログハウスに使うことのメリットとしては、日本の気候にしっくりくることです。木は呼吸をしています。海外で育った木と日本で育った木では、呼吸の仕方も変わってくるといわれています。乾燥が強い地域で育った木が、湿気が多い日本でログハウスとして形を変えるとどうしてもセトリングが顕著になって現れます。日本の気候で育った木は、適度に呼吸をしますので、大きなセトリングは発生しないことでも知られています。メンテナンスを重ねる回数が減ります。

中見出し [H2](※必要に応じて使用)

こちらに記事本文【後半】を挿入してください(350~400文字ぐらい以上)。