ログハウスを建てるなら絶対に国産材ログハウスです。

国産ヒノキのログハウス

ヒノキは日本では最も高級な木材として認識されています。日本家屋建築の際にも用いられている木材で、腐食が少なく長持ちする素材としても重宝されています。法隆寺などに代表される寺院・仏閣でも総ヒノキ造りの建造物が主だっており、ヒノキが持つ強健さを実感してもらえるのではないでしょうか。また、国産ヒノキは「フィトンチッド」と呼ばれる殺菌力を持つ物質をたくさん含んでいます。先述のとおり、腐食も少なく香りも強いことから、ログハウス室内で森林浴効果をもたらすこともできます。

ヒノキの木材は、他の木材で建築をするよりも多少割高になりますが、マシンカットの手法を選ぶことで、コストを安くあげることも可能です。ヒノキを用いて建築された建物は、十年経過したのちにその良さをもっと実感することができるといわれています。ヒノキ以外の木材で作られた建物と比べると、腐食やカビで黒く変色してしまう率が圧倒的に低くなります。メンテナンスも簡単で済みますので、住みやすい家としても多くのユーザーに選ばれている所以です。

ヒノキをはじめとする国産の木材は、高温多湿の日本の気候や風土を知りつくしています。ログハウスの本場である海外の商品を輸入して建築することもいいのですが、輸入ログ材と国産ログ材を比較してみると、夏や冬の快適さがかなり変わるとも言われているのです。冬は暖かく、夏は涼しい、梅雨の時期は木が呼吸をして、じめじめを外へ追い出してくれる働きもありますので、住み心地も抜群でしょう。

中見出し [H2](※必要に応じて使用)

こちらに記事本文【後半】を挿入してください(350~400文字ぐらい以上)。