ログハウスを建てるなら絶対に国産材ログハウスです。

国産ログハウスのメリット

「国産ログハウス」が注目されています。なぜ、注目されているのかというと海外産の木材を輸入する際に輸送コストがかなり高くついてしまうことが第一に挙げられます。国産の木材は、輸送コストが安価で済みますし、日本の森を守ることにもつながります。細やかなメンテナンスが必要なログハウスにとって、海外の木材よりも日本の木材を用いた方が高温多湿の日本にしっくりなじむ家を建てることができます。丸太組み構法には付き物のセドリングの確率も少なくなり、大きなメンテナンスの度合いも少なくなります。

国産ログハウスを建築する上で一番おすすめしたいのが、地元の木材を用いることです。先述のとおり輸送にかかるコストを下げることができます。実は、直接買い付けもできれば、建築に合わせて木の討伐を依頼することもできますので、都合良く建築をすることができるのです。また、その土地の気候にあった育ち方をしているので、その気候に合わせた木の呼吸も期待できます。日本の木にはたたずまいを感じさせるものも数多くあります。特に樹齢が高い杉などは木目が美しく、1本柱にも使用することができます。まっすぐに伸びていますので、余分な加工も必要ありません。木そのものが柔らかいので、ログハウスのログや柱組だけではなく、テーブルや床などの素材としても用いたいと考える方も増えています。

中見出し [H2](※必要に応じて使用)

こちらに記事本文【後半】を挿入してください(350~400文字ぐらい以上)。