ログハウスを建てるなら絶対に国産材ログハウスです。

日本の森をはぐくむため、国産材のログハウスを普及させよう!

日本の森林の半分近くは、木材生産を目的に植栽された「人工林」です。これらの山の森は木々の成長に従って下の方まで日光が入らなくなったり、土壌が貧弱になって保水力も低下するため、適度に間引いたり、枝打ちをしたりと手入れが必要になります。しかし、戦後になって安価な輸入材が大量に流通するようになると、国内の林業は急速に衰退し、手入れをされない山林は荒れ果て、結果、木材需要を海外に頼らざるを得ないという悪循環を生じてしまいました。

そうした現状を打開し、山の環境を守りはぐくむ意味合いからも、国産材の需要・供給量を増やし、日本の林業を再活性化させようという動きが近年、とみに高まりつつあります。

本サイトでは、国産材による住宅の魅力を多くの方に知っていただき、その普及促進を通して、山の森の再生に寄与したいと考えております。

でも、なんでログハウス?

国産材の普及を目指すなら、通常の木造住宅でもいいんじゃないの? と、思われる人も多いかもしれません。否定はしません。が、ログハウスに住みたいと考える人たちの多くが、アウトドアライフや自然を愛し、環境との共生、森林保護といったテーマに比較的高い問題意識を持っているのも事実でしょう。

だからこそ、ログハウスの主たる素材である「木」にもこだわりをもってもらいたいと思うのです。もちろん、海外からの輸入材にも適した木材はいろいろあります。けれども、乾燥や収縮といった面からも、わが国特有の風土・気候にマッチした木材となると、やはり国産材、地場産材に勝るものはないのではないでしょうか。

地産地消の住まいづくりを通して、森をはぐくむ。そんな考え方にご賛同いただけるオーナーさんを、増やしていけたらいいですね。